スポンサードリンク

人の生き方は生きている時代の影響が大きい。戦争と平和

人の生き方は生きている時代の影響が大きい。戦争と平和

 

平和の時代に生きているのか、戦争の時代に生きているのかで、

人の運命は変わる。

 

戦争の時代を生き延びるのは大変だ。

運命の幅も限られてくる。

例え、戦わなければならないとしても、最後に生き残らないと

語るべき人生の幅は少ない。

歴戦の勇士であっても。

・・・

イラク歴戦の狙撃手が戦闘で死んだとういニュースがあった。

アブ・タフシン・サルヒ(Abu Tahsin al-Salhi)氏(63)は、これまでのISとの戦闘で320人を射殺したという。

そんな勇者もついに戦闘で死んだ。

・・・

こんなニュースを聞くと、中東の世界が人間にとって、地獄の世界に感じられる。

今日の英雄も明日は死者となる。

英雄、勇者などと言う言葉が虚しい。

 

それに比べれば今の日本は天国である。

日本に生まれただけで、環境は天国に近い。

後は本人の努力次第で英雄にも、勇者にもなれ、

しかも長く語り継がれる。

 

平和な時代の勇者には虚しさはない。

何度でも挑戦することができる。

だからこそ、若者には挑戦してほしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ