スポンサードリンク

人生がつまらない、死にたいと思う人へ、今すぐ終活を考えてください。

人生がつまらない、死にたいと思う人へ、今すぐ終活を考えてください。

人生がつまらないという人、死にたいと思う人が増えている?

 

ときにつまらないという感覚に襲われるときがあるかもしれない。

そんなときは、その瞬間があまりにも、刺激がなく、危機的でもなく、

なすことがないような感覚にあるだけである。

 

あるいは、全ての解決策がなくなった、もうお仕舞いだ、

誰も私を助けることはできない、

死んだほうが楽だという気持ちに襲われるときがあるかもしれない。

スポンサードリンク



私はすでに人生のたそがれで、今終活を考えている。

もし貴方が人生がつまらないと言っているなら、

あなたの就活を今すぐ考えたほうがよいです。

 

死を目の前にありありと考えられれば、

逆に今なすべきことがはっきりするだろう。

時間がないことが理解できるであろう。

 

終活は人生の締めくくりである。

死という時を迎えるための、自らを客観視した最後の活動である。

誕生から死までの人生をどのように捉えるか?

 

人生は一冊の問題集であると言った人もいる。

私は人生は一つの演技の舞台のように感じている。

 

幕が上がったら演じなければいけない。

どのように演じるかは自分次第である。

そして、幕が降ろされたら演技は終了する。

 

その時、どんな題目で舞台を演出したのか、

自作自演、監督兼演技者の両方の役割を持って、舞台を終了するのである。

幕が降りれば観衆の声は聞こえない。

 

もし、舞台の評価をするとすれば、自分しかいないのである。

後になって、歴史という形で評価されるかもしれないが、

それはあくまで他者の見方である。

 

舞台で演じている時だけが、自分の持ち時間である。

それ以外の時間は自分にはない。

過去の歴史は、一つのものの見方として記録されたもので、

自分が生きた時間ではない。

幕が降りた後の未来も、自分が生きる時間ではない。

 

この舞台に登場することを許された間の時間だけが己の住処である。

だから、時間は所有も専有もできず、無料で借りているようなものだ。

だから、存在と時間は表裏一体で離れることができない。

 

時間は時計で測る・記録ことはできるが、切り売りすることはできない。

だからあなたの時間と私の時間は、同じようで、同じではない。

私の存在と一体となった時間なのだ。

 

たまたま、家族や友人とは同じ時間を過ごすことにより共有したように思うが、

錯覚なのである。

意識が強く結びつけているのである。

 

もちろん、家族や友人や仕事仲間とできるだけ有意義な時間を共有したいと誰もが思っている。

でも、永久に結びつけて置くわけにはいかない。

 

存在とは実にやっかいなものである。

誰もが一度は悩まされることだろう。

 

演技の仕方や舞台の演目をアドバイスしてくれる人は

ひょっとしたら、家族や友人、先輩、師匠にいるかもしれない。

でも、最後は自分で演じなければならない。

 

演目や演技ができなくなったといて、自分から幕を降ろす人がいるが、

それは錯覚である。

 

受験の要領にあるように、

たまたまその問題が解けずにいるだけで、

解ける問題を先にやればよいのである。

難しい問題は解ける能力が備わってきてからやればよいのである。

だから問題を自分で放り出す必要はないのである。

 

人生は一冊の問題集であるが、

自分に解ける問題しか出ないと言われている。

無理をしないことである。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ